ノロウイルスの脅威から身を守ろう!【病原菌に負けない対策術】

主な感染経路

腹痛に悩む人

ノロウイルスに感染する原因として考えられるのは二次感染です。感染者が身近に居る場合には身の回りの消毒を徹底すると良いでしょう。集団感染を防ぐためにトイレの消毒や掃除も必要です。

詳細へ

症状の出方と予防策

男の人

激しい下痢と嘔吐が急に現れるケースが多いノロウイルスは、適切な治療をしないと悪化する事があります。手洗いは簡単に行なえて効果がある予防法なので、徹底すると良いでしょう。

詳細へ

食中毒を引き起こす菌

マスクの女の人

傷んだ食材などを食べてしまう事で食中毒を引き起こしてしまう可能性があります。食中毒は海鮮物などの生モノだけでなく、様々な食品により感染する恐れがあるので普段から注意が必要です。しかし体内にウイルスが居る場合は人から人に感染する事もあります。食中毒の原因となるのはノロウイルスという病原菌で、激しい嘔吐や下痢を引き起こし食欲不振や脱水などが顕著に現れるのが特徴です。ノロウイルスに感染しても適切な治療を行なう事によりしっかりと完治を目指す事が可能ですが、免疫力が低下している場合や持病により元々体が弱い場合、または治療せずに放置してしまった場合などに症状が悪化して合併症を誘発する可能性もあります。

ノロウイルスは食事により感染するものであると思われがちですが、感染者との濃厚な接触などが原因でウイルスが体内に侵入する可能性も高いのです。例えばノロウイルスに感染した人の便、または嘔吐物には多くの菌が含まれます。片付ける際などには、特に気をつけてうがいと手洗いをしっかり行なうようにしましょう。しかし、ノロウイルスには二日ほどの潜伏期間があるため予防対策を徹底する必要があると言えます。学校や会社など人が多く集まる場所では、感染のリスクも格段に高くなるので予防に関する知識をつけておく事が大切です。感染の確率が高くなるのは、トイレなのでこまめに除菌や掃除をして清潔な環境を保つようにしましょう。冬場になると乾燥した空気がノロウイルスを蔓延させるようになりますので、寒くなる時期には特に注意が必要です。

ノロウイルスの殺菌

レディ

手洗いは、ノロウイルスに感染する事を予防するために最適ですが、キッチンやトイレの消毒も必要不可欠になります。効果のある消毒液を利用して身の回りを清潔に保つ事が大切です。

詳細へ